Read Article

心を揺さぶる時期別に分かれた葉酸サプリ【プレミンシリーズ】

(今回の執筆担当)
ゆい:22歳中性的な女性。緑がよく似合う享楽主義なチンピラ。赤い髪と大きな瞳を持つ、派手な装いを好む盲目のイギリス人。

暇つぶしのために日々報道を下調べしています!

お役に立つかわかりませんが、ご照覧いただければと思います☆

以下注目をひいたもののまとめです。

【プレミンママ】

プレミンママの商品内容は?

妊活サプリは数十種類販売されていますが、配合成分数で争っているという傾向があります。
さらには葉酸、カルシウム、鉄、だけ含有量を明記していますが、
残念ながらその他数十種類は未公開です。それは、ほとんど含有されていないからです。

本当に必要な成分を、必要な量だけ摂取することが大切な時期において
美容成分をはじめとする妊活に不要な成分を摂るのを多くの方々が嫌がっている傾向もあるんです。

妊活中から授乳中まで時期別に分かれたプレミンは厚生労働省の推奨量に合わせた
成分と成分量をしっかりと配合し全て開示。

体が変化する時期ごとに分けているので
あなたの状況に寄り添うことが可能です。

葉酸サプリ「プレミン」はどんな特徴があるのか

・あなたの状況に合わせた時期別の葉酸サプリ
「妊活から妊娠15w」「妊娠16wから出産」「出産から授乳期」
の体に必要な成分が変わる3つの時期に合わせて成分量を変更した
葉酸サプリメントです。

・厚生労働省の推奨量から不足量を計算した成分量を配合
厚生労働省から発表されている「日本人の食事摂取基準2015」より
「妊活から妊娠15w」「妊娠16wから出産」「出産から授乳期」に
必要な推奨量から日本人の平均摂取量を引いた不足分をしっかりと配合。

・原産地、最終加工国を全て開示
一般的なサプリメントは一部の成分の「最終加工国」のみしか
開示されません。それは原産国などにサプリ購入者の印象がよくない国が
含まれているからに他なりません。

プレミンは安価であろうと品質が安定せず、安全をしっかりと確保できない
国の成分は使用していません。

全てを開示している葉酸サプリはゲンナイ製薬のみとなります。
(2018.3.12 ゲンナイ製薬調べ)

お客様からのアンケートでも購入の決め手になったきっかけとして
「原産地、最終加工国の開示」が強い支持を得ています。

・各種検査実施済み
各種アレルギー、重金属、ヒ素、放射能、農薬、着色料、防カビ剤
甘味料、保存料など一切不使用です。
そちらを証明するために食品分析センターにて試験を行い全て証明されております。

・第三者期間による認証
上記の安全性と製造工程・品質管理が高い水準で行われている証しとして
日本健康栄養食品協会から「GMP工場認定製品マーク」
日本サプリメント評議会から「安心安全マークプラス」を付与されております。

・定期コースの特徴
主要、葉酸サプリメントが6回継続が制約なのに対してプレミンは以下となります。

・定期購入の回数制約のなし。
俗に言う「定期縛り」は設けていません。
いつでも解約が可能です。
「お客様も始めやすい」とご好評なんです。

・返金保証制度あり
購入から開封済みであっても25日以内であれば返品、返金ができます。(初回購入時のみ)

・ご注文時にLINE登録で100円引き
LINE@にご登録いただくことで100円引きのクーポンをプレゼント

楽天での販売はしていない葉酸サプリ「プレミン」

楽天などのショッピングサイトでは販売されておりません。

魔裟斗、矢沢心夫妻がオススメ

妊活メッセンジャーとして魔裟斗、矢沢心夫妻が起用されています。

プレミンの価格 

定期コースの回数縛りがなく、3,580円(税抜)です。
LINE登録でさらに100円引きとなります。
「妊活から妊娠15w」「妊娠16wから出産」「出産から授乳期」の時期別
全ての製品において金額は変わりませんので継続しやすいポイントの1つです。

結論。なぜ葉酸サプリ「プレミン」が良いのか。

葉酸サプリの市場について色々な製品が発売されている中で
「他社商品との違い」がわかりにくいという点があります。

葉酸ならば「モノグルタミン酸型 400μg」とほぼ共通なように
大きな差別化のポイントはございません。
このように大きな特色がないのが現状です。

そこでプレミンはわかりやすい他社との差別化が盛り込まれており
下記に挙げた3つのポイントをごご紹介します。

・時期別に分かれた葉酸サプリ
・原産国、最終加工国の開示
・各種試験と第三者認証をはじめとする安心安全情報の開示
は他社には簡単に真似できない商品魅力なんです。

ぜひ、ご興味を持っていただけると幸いでございます。

もっと詳しく知りたい方はこちらへ
↓↓↓
【プレミンママ】
ゲンナイ製薬「プレミン」

Return Top